ウサギ,チンチラ,モルモット - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > ウサギ,チンチラ,モルモット

ウサギの急性胃拡張(急に食べなくなった、お腹がはっている)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの急性胃拡張(急に食べなくなった、お腹がはっている)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギには急に食欲不振に陥る急性胃拡張という病気があります。
原因はさまざまですが、一つではないことも多く、原因追求よりもまずは緊急対応を要求される病気です。

典型的な例では前日まで食事を食べていたのに、朝から全然食欲がなく、便も全くでない、という状況になります。
このような症例ではまず急性胃拡張がおこっているのかどうかを検査して、もし急性胃拡張であれば緊急対応を要求されます。
緊急対応によって内科的に症状の改善が見られることが多いのですが、毛球などで閉塞していれば手術でなければ助からないこともあります。

毛球症.JPG
写真は検査によって閉塞を確認したあと、手術で摘出した毛球。
この症例では臼歯の不正咬合があり、さらに換毛期で過剰に毛を飲み込んでおり、おやつ(ニンジン)の多給による胃腸機能低下があったものと想定された。
この毛球は粘土のように固まっており、胃に蓄積されていた。
術後は順調に回復し、元気・食欲は正常となった。

ウサギが急に食欲が無くなる場合は緊急状態であることも多いので、気が付けばできるだけはやく動物病院に連れていってあげましょう。


ウサギの急患対応

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギの膿瘍【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの膿瘍【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの飼い主の間で膿瘍は有名だと思います。
実際、膿瘍を主訴として動物病院に来院するウサギは多いです。
ウサギの膿瘍はいくつか特徴があります。
一つは非常に濃く、硬い場合が多いということ。

右下顎膿瘍(排膿).JPG
写真はウサギの右下顎部にできた膿瘍ですが、内容物がチーズ状であることが分かります。

もう一つの特徴は、膿瘍を囲む膿瘍壁が厚くなることが多いということです。
この暑い膿瘍壁に囲まれて治療薬(抗生剤)が届きにくいことになります。
そのことに関係しているのですが、ウサギの膿瘍は非常に治りにくいです。
特に歯周疾患(不正咬合など)が原因の場合は完治することが少ないです。

完治が難しい以上、予防が大事になるのですが、上記の通り、歯周疾患が進行すれば難治性の膿瘍を形成することが多いので、歯周疾患を進行させないことが重要になります。

定期的に歯の健康診断を受けることによって膿瘍の発生率を大きく下げることができます。
ウサギの歯の健康診断は動物病院で相談してみましょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギの胸腺腫の治療【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの胸腺腫の治療【大阪府堺市の動物病院】

ウサギは高齢になると呼吸状態が悪化する疾患にかかることがあります。

その一つに胸腺腫があるのですが、犬や猫では胸腺腫は基本的に外科疾患です。

しかし、ウサギにおいては開胸術は安全な方法が確立しておらず、かなり危険なので一般的にはすすめられません。



そこで内科療法になるのですが、この時もいくつか注意することがあります。

一つは薬を飲ませる時に呼吸困難を起こしやすいこと。

この問題については薬を飲ませるときに決して無理はせずに、何度かトライしてもらうことで解決することがあります。

もう一つは薬の副作用です。

ウサギでは胸腺腫の治療薬は副作用が他の動物よりも強くでることがあり、注意して投与しなくてはなりませんが、用量が少なくても効果があまりありません。

副作用に気をつけながらある程度の薬の量が必要になります。

しかし、効果があることも多いのでこれからの治療の第一選択になるのではないかと思います。

胸腺腫治療前.jpg

胸腺腫治療1週間後.jpg

写真は治療直前の胸部レントゲン写真と治療1週間後の胸部レントゲン写真です。

明らかに胸部腫瘤が縮小した分、心臓が本来の形に戻ってきています。

それに伴って呼吸状態もかなり安定しました。



ウサギの胸腺腫の治療に関してはまだ発展途中ですが、以前に比べて確実に治療方針は確立してきています。

ウサギの呼吸がおかしいと感じたなら急を要することも多いので、できるだけ早めに動物病院で相談してください。



キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

ウサギの胸腺腫(息が荒い。呼吸困難)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの胸腺腫(息が荒い。呼吸困難)【大阪府堺市の動物病院】


他院で腫瘍の肺転移と診断され、治療法がないと言われ、セカンドオピニオンとして来院。

まず、呼吸形式が正常ではないことに気づく。

ウサギは正常であれば鼻呼吸であるが、この症例では時折口呼吸をしており、努力呼吸が著しい。



検査を慎重に行なった結果、胸腺腫が一番疑わしい。

胸腺腫レントゲンVD.jpg

このレントゲン写真からは胸部に大きな腫瘤があることがわかる。



なお、この症例では前大静脈症候群は見られなかった。

(ウサギでは胸腔内を大きな腫瘤が占拠することにより静脈庄が上昇し、眼球の突出(前大静脈症候群)がおこることがあるが、特に胸腺腫でよくおこる。)

胸腺腫は犬では外科摘出が第一選択になるが、ウサギにおいては開胸術は術後死亡率が極めて高く、すすめられない。

ただ、内科治療に反応すれば予後がいいこともあり、まずは内科治療の反応をみることになることが多いと思われます。



この症例でもインフォームドコンセントを十分に行なった上で内科治療の反応をみることになりました。



キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

ウサギの子宮内膜静脈瘤と子宮腺癌と手術【大阪府堺市の動物病院】

子宮内膜瘤・子宮腺癌の大網転移、正常な卵巣子宮.JPG
写真は左から摘出した腹部の腫瘤、大網、卵巣と子宮、右は正常な卵巣・子宮です。
正常な子宮に比べ、子宮内膜瘤はかなり腫大しています。
いつ破裂してもおかしくないことがわかります。

ウサギの子宮内膜静脈瘤と子宮腺癌と手術【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの雌は早期の避妊手術が重要であることは以前にもお伝えした通りです。
高齢で子宮疾患を発見すると手術するべきと分かっていても麻酔のリスクや状態の悪さで手術に二の足を踏むことも多い。
今回はそんな症例。

一年前から腹部にしこりがあり、他院で手術できないと言われ経過観察しているうちに大きくなってきたので少し心配になったとのことでセカンドオピニオンをききにきたとのこと。
腹部には確かに大きなしこりがある。
腹部に固着しており、皮下で遊離している感じではない。
一通り検査してみると、腹部のしこりは臍ヘルニアではなく、腹壁から発生しているらしいことが分かった。

摘出することが理想だが、高齢(6歳)で状態も悪い(食欲低下、慢性下痢etc.)。
当然麻酔のリスクは低くはない。
しかし、手術を急ぐもう一つの理由があった。

全身のスクリーニング検査の結果、内部に多量の液体を含んだ大きな腫瘤が発見されていたのである。
年齢、症状などから考えて子宮内膜静脈瘤の可能性が高い。
であれば、これが破裂してしまえば即死である。

腹部の腫瘤は摘出できれば摘出するが、子宮の手術を優先することを説明し、手術を実施した。

結果、やはり大きな子宮内膜静脈瘤が存在しており、破裂させないように慎重に摘出した。
腹部のしこりは腹膜に存在しており、しこりとともに大きく腹膜を切除することで対応した。
お腹の中には大網という脂肪を多く含んだ膜があるのですが、その大網全域に転移していたので、大網をすべて切除しました。
膀胱の側に大きなしこりがもう一つ存在したのですが、そのしこりの中に尿管を巻き込んでおり、安全に剥離することが難しかったのでお腹に残すことになりました。

状況から考えて子宮腺癌の転移であったと思われる。
子宮腺癌にしても子宮内膜静脈瘤にしても早期の避妊手術で予防できます。
ウサギの雌に関しては高齢で麻酔のリスクに悩むことになる前に避妊手術をしてあげる方がいいでしょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555


《 前 1  2  3  4  5  6 



堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。