フェレットの副腎疾患・脱毛【大阪府堺市の動物病院】 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > フェレット > フェレットの副腎疾患・脱毛【大阪府堺市の動物病院】

フェレットの副腎疾患・脱毛【大阪府堺市の動物病院】

フェレットの副腎疾患・脱毛【大阪府堺市の動物病院】


フェレットは副腎の病気にかかりやすいという話を聞かれたことのある方も多いのではないでしょうか。

実際フェレットを診察していて診ることの多い病気です。

70%のフェレットが副腎疾患に罹患していたというデータもあるくらい多い病気です。

中~高齢のフェレットで発生し、平均3.5(1~7)歳で罹患するというデータがあります。

フェレットの副腎疾患は症状が特徴的で、家でみていても疑うことが十分に可能です。以下の症状が見られたら動物病院で診てもらうといいでしょう。

・脱毛(フェレットの副腎疾患の80%以上に発生)

・外陰部の腫大や分泌物

・乳首の発達

この中でとくに脱毛は分かりやすい症状です。脱毛は3~4月から始まることが多いです。尾や腰部から脱毛が始まることが多く、進行すると頭部と四肢を除いて被毛がすべて抜け落ちます。

尾のみに脱毛がみられることもあり、この場合はネズミの尾のような外観になります(ラットテイルと呼ばれています)。2歳以上のフェレットの発情期に見られ、副腎疾患の初期症状と考えられています。この状態を放置しておくと治療しても発毛しないことが多いです。

フェレットの副腎疾患で他にみられる症状としては

・攻撃性の増加

・前立腺肥大による排尿障害

などがあります。



以上のような症状を覚えておいて疑いがあれば早めに動物病院で診てもらう方がいいでしょう。

キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555


堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。