フェレット - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > フェレット

フェレットのフィラリア予防【大阪府堺市の動物病院】

フェレットのフィラリア予防【大阪府堺市の動物病院】


フィラリアは蚊が媒介する寄生虫です。

フィラリア予防は犬・猫・フェレットと一緒に暮らす上で必ず覚えておいてほしい予防の一つです。



犬のフィラリア症は誤解を恐れずに言うなら心臓病です。

フィラリアによって心臓が障害を受け、血液の流れが悪くなったり詰まったりします。


猫のフィラリア症は呼吸器病です。

肺を中心に障害がおこり、呼吸がうまくできなくなります。

猫にフィラリアが感染しても自然と体内からフィラリアはいなくなることも多いのですが、そのときに肺に障害を残すことが多く、気管支喘息・肺炎との区別はできないことが多いです。別の見方をすれば猫のフィラリア症は治療しても生涯続く呼吸器病は残ってしまうことが多いのです。



フェレットのフィラリア症は犬と同じように心臓病ですが、犬と違って少数のフィラリアに感染しても体の大きさが違うため重篤な症状を呈します。


フィラリア症一般に言えることは一度かかってしまうと状態が悪化して場合によっては死に至ることも多いが、確実に予防できる方法がある病気ということが言えます。

蚊が媒介する病気である以上、蚊が存在する限り予防をしないというのは多少でも死のリスクを負っている状態ともいえます。


以下フィラリア予防について誤解されていることも多いことについてです。



まず、室内で飼っていて外に出すことはないのでフィラリアの予防は必要ないとの誤解です。

確かに外に出なければ単純に蚊に接触する機会は減りますが、0(ゼロ)にはできません。

ならば室内で蚊取り線香などを併用すればいいのでは?と思うかもしれませんが、残念ながらこれらの効果は非常に限られた空間だけのものであってやはり蚊との接触を0にはできません。

動物には毛が生えており、この毛で蚊が接触することができないのというのも誤解であり、実際はどんなに長い毛で体表がおおわれていても感染します。

フィラリア症は突然死ぬこともある恐ろしい病気だけど、確実に予防できる方法があるのであれば予防していきませんか?


キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

フェレットの歯科処置(歯石除去・スケーリング・抜歯など)【大阪府堺市の動物病院】

フェレットの歯科処置(歯石除去・スケーリング・抜歯など)【大阪府堺市の動物病院】


フェレットは生後10週齢時に永久歯に生え変わります。

永久歯に生え変わってからは基本的に歯の状態は悪くなる方向に進みます。

中齢以上のフェレットでは歯石・歯肉炎などの歯周疾患が多くみられます。

犬・猫での歯周疾患と同様、ドライフードではなく缶詰やふやかしたフード、生肉などを食べている個体でより重度にみられることが多いです。

口を気にする動作や口の片方でのみ咀嚼する様子がみられることもありますが、犬・猫にくらべてフェレットでは症状や不快感を示すことはまれです。

フェレットでは重篤な状態になっていても症状がみられないことが多く、定期健診時に発見されることが少なくないのです。

フェレットの歯周疾患を放置すれば上顎犬歯根部の膿瘍により下まぶたのあたりが腫れてきたり膿を排出することもあります。

フェレットでは犬・猫にくらべて症状を示すことは少ないですが、一度症状がみられるようになると犬・猫にくらべて重篤な状態になっていることが多く、慢性的な食欲不振につながることもあります。

歯科処置(スケーリング・歯石除去など)は犬・猫だけのものと油断は禁物です。

かかりつけの動物病院で定期的な健康診断をして処置していってください。

キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

フェレットの歯石除去・スケーリング・抜歯などについて【大阪府堺市の動物病院】

フェレットの歯石除去・スケーリング・抜歯などについて【大阪府堺市の動物病院】

今日は歯石除去の処置をしました。

動物の唾液は人よりもアルカリ性が強く、歯石がつきやすいです。

人と同じ感覚で歯石を軽くみていると、6歳くらいでものすごく歯石がついてしまいます。

それはもう歯の表面がみえなくなるくらいになります。

口臭もすごいことが多いです。



では歯石はなぜいけないのでしょうか。

分かりやすく言うと細菌のすみかになるからです。

歯石は顕微鏡でみると小さな穴がたくさんあいた軽石のような構造をしています。

その小さな穴に細菌が入り込むのです。

口の中で増えた細菌は血液に入り込んで全身にいきわたります。

そしていろんな病気を引き起こします。

心臓病、泌尿器病、背骨の感染、膀胱炎、子宮蓄膿症など、ゆるやかに健康をそこなうものから急激に死亡する病気までさまざまな病気に関係します。

結論として歯石除去は歯石によってひきおこされるさまざまな病気を予防するということが言えると思います。

こうして考えるとワクチンと同じくらい大事なものだと思いませんか?

なによりスケーリングで再び歯が白くなるのは単純にうれしいものです。

歯石が気になりだしたら一度動物病院で相談してみてください。


キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555


《 前 1  2  3 



堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ 堺市 キキ動物病院 求人 メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。