鳥の鉛中毒(急に吐く、濃緑色便、神経症状など)【大阪府堺市の動物病院】 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > セキセイインコ,オカメインコ,鳥 > 鳥の鉛中毒(急に吐く、濃緑色便、神経症状など)【大阪府堺市の動物病院】

鳥の鉛中毒(急に吐く、濃緑色便、神経症状など)【大阪府堺市の動物病院】

鳥の鉛中毒(急に吐く、濃緑色便、神経症状など)【大阪府堺市の動物病院】

鉛中毒は僕らは学生の頃に毒性学という授業で勉強するのですが、実際は人はもちろん、動物が鉛中毒を発症することはかなりまれだと思われます。
しかし、鳥は鉛中毒を発症することがしばしばあります。

海外では銃弾が体内にとどまっている個体が鉛中毒を発症することがあるようですが、日本での発症はまれ、と文献にはあります。が、実際には日本でも鉛中毒は発生します(キキ動物病院においても鉛中毒の鳥を診ています)。

日本ではほとんどが口から鉛を摂取するのだと思われます。


鉛中毒が発生しやすいのはオカメインコですが、セキセイインコなど他の鳥でも発生します。放鳥中に監視をしていないことが多いようです。

症状としては突然の嘔吐、便色の変化(便の濃緑色化、尿酸の色調変化)、神経症状などがあります。


口にする鉛源としてはカーテンウェイト、ハンダ、つりのおもり、ワインの蓋、鏡の裏、古いペンキなどが報告されていますが、原因がわからないことが多いです。



急に症状を出したときは急いで動物病院で診てもらうようにしましょう。

また、監視をしていない状態の放鳥はさまざまな危険があることも知っておく方がよいでしょう。


キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555


堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。