セキセイインコ,オカメインコ,鳥 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > セキセイインコ,オカメインコ,鳥

セキセイインコの卵管蓄卵材症を併発した腹壁ヘルニア(便が出ない・便がでにくい、お腹が膨らんでいる)【大阪府堺市の動物病院】

腹壁ヘルニア.JPG
写真は腹壁ヘルニアを呈している腹部。キサントーマ化(黄色化)した腹部の皮膚は脆弱なので、自傷して出血している。


セキセイインコの卵管蓄卵材症を併発した腹壁ヘルニア(便が出ない・便がでにくい、お腹が膨らんでいる)【大阪府堺市の動物病院】

この症例は数年前から腹部が膨らんでおり、他院で手術を断られたため、セカンドオピニオンを聞きに来院した。

確かに腹部が突出しており、明らかに腹壁ヘルニアの様相を呈している。
現在食欲が低下しており、便も出にくいとのこと。

単純な腹壁ヘルニアでは症状は見られず、またはみられたとしても軽度なので、慢性経過の結果進行した腹壁ヘルニア、もしくは他の疾患(特に卵黄性体腔炎)を併発していることが疑われた。

検査の結果、卵管蓄卵材症を併発していることがわかり、慢性経過から卵黄性体腔炎も併発している疑いがあった。

外科的治療と内科的治療それぞれのメリット・デメリットを話した上、飼い主と相談した結果、手術することになった。

開腹するとかなり癒着しており、体腔内および体腔内臓器が黄色に変色している。
やはり卵黄性体腔炎を引き起こしていた。
こうなると手術は少し根気がいる作業になる。
癒着した臓器を慎重に剥離していく。
最終的に蓄卵材症を併発した卵管を摘出し、腹壁ヘルニアを整復して手術完了とした。

腹壁ヘルニア術後.JPG
写真は術後の腹部。腹壁ヘルニアが整復されている。

腹壁ヘルニア摘出皮膚・蓄卵材症卵管.JPG
写真は摘出した腹壁ヘルニアを構成していた皮膚(キサントーマ化している)と蓄卵材症を併発した卵管

術後しばらく排便は確認されなかったが、次の日に確認され、食欲も徐々に回復した。

腹壁ヘルニアは症状がないので様子をみる人もいるが、基本的には外科疾患です。
無治療で経過するとその期間に応じて治療が難しくなることがあります。
確認すれば早めに動物病院に連れていってあげましょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

鳥の痛風(脚をあげる、握力低下、止まり木から落ちる、脚にできもの、など)【大阪府堺市の動物病院】

鳥の痛風(脚をあげる、握力低下、止まり木から落ちる、脚にできもの、など)【大阪府堺市の動物病院】


痛風という病名を聞いたことがある方も多いと思います。人でも起こるのですが、鳥にも発生します。非常に強い痛みがあり、風が吹いても痛いというところから痛風という名前がついたようです。

痛風は尿酸が沈着する病気ですが、尿酸が沈着する場所によって大きく分けて関節痛風と内臓痛風に分かれます。


鳥の内臓痛風は生前に診断するのが難しく、実際には突然死という形で現れることが多いです。

鳥の関節痛風は高齢のセキセイインコでよくみかける問題です。

初期には食欲・元気に異常がなく、見過ごされることが多いのですが、症状としては

・脚の挙上

・跛行(びっこをひく)

・握力低下

・活動量の低下

・止まり木から落ちる

・止まり木をつかみたがらない

などに気づくことがあります。



鳥の関節痛風は進行してくれば脚に白い結節(できもの)がはっきりとしてきます。

さらに進行すれば関節がうまく動かなくなるので、歩き方がロボットのようにぎこちなくなります。この状態になれば治療してもあまり延命できないことが多いです。


鳥の内臓痛風については発見が難しくても関節痛風はよく観察すれば初期に発見できることもあります。

鳥の痛風は治療が遅くなれば寿命が短縮することが多いので、上記のような症状が見られたら早めに動物病院に連れていってあげましょう。


キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

鳥の鉛中毒(急に吐く、濃緑色便、神経症状など)【大阪府堺市の動物病院】

鳥の鉛中毒(急に吐く、濃緑色便、神経症状など)【大阪府堺市の動物病院】

鉛中毒は僕らは学生の頃に毒性学という授業で勉強するのですが、実際は人はもちろん、動物が鉛中毒を発症することはかなりまれだと思われます。
しかし、鳥は鉛中毒を発症することがしばしばあります。

海外では銃弾が体内にとどまっている個体が鉛中毒を発症することがあるようですが、日本での発症はまれ、と文献にはあります。が、実際には日本でも鉛中毒は発生します(キキ動物病院においても鉛中毒の鳥を診ています)。

日本ではほとんどが口から鉛を摂取するのだと思われます。


鉛中毒が発生しやすいのはオカメインコですが、セキセイインコなど他の鳥でも発生します。放鳥中に監視をしていないことが多いようです。

症状としては突然の嘔吐、便色の変化(便の濃緑色化、尿酸の色調変化)、神経症状などがあります。


口にする鉛源としてはカーテンウェイト、ハンダ、つりのおもり、ワインの蓋、鏡の裏、古いペンキなどが報告されていますが、原因がわからないことが多いです。



急に症状を出したときは急いで動物病院で診てもらうようにしましょう。

また、監視をしていない状態の放鳥はさまざまな危険があることも知っておく方がよいでしょう。


キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

小鳥の甲状腺腫(開口呼吸、キューキュー声が出る、むせる)【大阪府堺市の動物病院】

小鳥の甲状腺腫(開口呼吸、キューキュー声が出る、むせる)【大阪府堺市の動物病院】

鳥の甲状腺腫は動物病院で診察する機会が多いのですが、亡くなってしまうことも多く、注意したほうがよい疾患です。

セキセイインコが罹患して来院することが多いですが、文鳥(ブンチョウ)やオカメインコ、コンゴウインコ、十姉妹(ジュウシマツ)なども罹患することがあります。



鳥の甲状腺腫を疑うときはまず口を開けて呼吸をしている(開口呼吸)していることに気づくと思います(話はそれますが、鳥が開口呼吸をしているときは非常に危険な状態のことが多く、早めに動物病院で見てもらうほうがいいでしょう)。

鳥が甲状腺腫を患うと、キューキューと声が聞こえることも多いです。

他、鳥の甲状腺腫では食事の最中にむせたり、食欲があるのにもかかわらず痩せてきたりします。



鳥が甲状腺腫を患った場合には突然死もしばしば発生しますので、疑いがあればすぐに動物病院で診てもらいましょう。



キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

小鳥・セキセイインコ・オカメインコなどの卵詰まり【大阪府堺市の動物病院】

摘出した卵と卵管.JPG
写真は摘出した卵(破砕して摘出)と卵管


小鳥・セキセイインコ・オカメインコなどの卵詰まり【大阪府堺市の動物病院】

セキセイインコ、オカメインコなどの小鳥は卵を詰まらせることが比較的多くあります。
この症例(セキセイインコ)は他院で治療を受けていたが良くならず、食欲が低下してきたとのこと。
触診すれば腹部に卵らしきものに触れる。

いつから卵がお腹に存在したのかわからないので、治療反応が読めないが、まずは内科治療を試みる。
12時間経過しても内科治療に反応がないので、外科的に治療することになった。
この場合、通常はまず圧迫排卵を試みるが、この症例ではまったく排卵口が弛緩しない。
ここで手術を躊躇していると死亡率が手術するよりも高くなってしまうので、速やかに手術に移行した。

卵詰まりは手術の方が成績がいい場合も多々あり、鳥の手術は怖いからといって選択肢から外すべきではない。
卵詰まりの治療方針は手術のメリット、デメリットをよく相談の上で決める方がいいでしょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555


《 前 1  2  3 



堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。