亀,蛇,トカゲ,イグアナ,爬虫類 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > 亀,蛇,トカゲ,イグアナ,爬虫類

年末年始も爬虫類・カメの診察しております。大晦日 元旦 元日 正月【大阪・堺の動物病院】

年末年始も爬虫類・カメの診察しております。
(キキ動物病院072−276−3555)
動画リンク
動画リンク

毎年急患の飼い主様が多くおられるので、
待ち時間は長くなってしまいますが、
ご理解・ご協力よろしくお願い致します。


キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117−3
http://kiki-petclinic.com/
072−276−3555


診察対応動物例
亀 ホシガメ ギリシャリクガメ ケヅメリクガメ クサガメ
ミシシッピーアカミミガメ ミドリガメ ヒョウモンガメ
パンケーキリクガメ ビルマリクガメ スッポンモドキ
ハコガメ インドホシガメ ヘルマンリクガメ
ヘビ トカゲ イグアナ など

カメの卵詰まり手術【大阪府堺市の動物病院】

カメの卵詰まり手術【大阪府堺市の動物病院】



キキ動物病院

http://www.kiki-petclinic.com/

http://kikiah.com/

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555





今回の症例はカメの卵詰まり。

この症例は元気・食欲が低下しており、

近くにカメを診察できる病院がないとのことで来院されました。

検査・治療の経過から卵が詰まっている可能性が高く、

手術でしか治療することができないことが予想されました。

飼い主様と相談の結果手術をすることになり、

卵管・卵・卵胞を摘出しました。

その飼い主様にアンケートしました。




以下、アンケート内容です。



住んでいる場所:福井県福井市



ペットの種類:亀(♀・ミシシッピーアカミミガメ)



手術前のこと:
食事を食べられず、元気が無くなってきた。

ほとんど動かなくなり、原因が分からなかった。





手術すると決めた理由:
動かなくなってきたので、

何か大きな病気ではないかと

疑い始めた。

HPで、亀の病院、さらに評判の良い所を探し、

詳細な検査をしてもらい、

原因(卵詰まり)が分かった為、

手術をすると決めた。





手術後の状態:
手術前より、ふっくらとしてきた。

食事は経管栄養だが、元気が出てきて、

その場で回転するなど、動けるようになった。





どんな人はこの手術を考えた方がいいか。また、どんな人はこの手術をしない方がいいか:
食事を摂れず、卵が詰まることで死ぬ事もある。

すぐにでも同様の症状があった場合は

手術をするべきである。





手術しなかったらどうなっていたと思いますか:
やせ細り、死んでいたことでしょう。





丁寧にアンケートにお答えいただいてありがとうございました。





遠方から亀さんを連れてこられるだけでも

かなり勇気が必要だったと思うのですが、

それにもまして病院にペットを預けて

手術をしてもらうというのは

もっと勇気がいることだったと思います。



でも、そのままにしていると確実に亡くなっていたと思いますし、

勇気を出して決断していただいて本当によかったと

執刀した私も思います。





カメの卵詰まりを疑えば、まずは動物病院に相談する方がいいと思います。




P1020361.JPG

カメの卵詰まり。かめの卵塞。亀の食欲不振。カメの手術。かめが食べない。亀が食べない。カメが動物病院に。かめが動物病院に。


キキ動物病院

http://www.kiki-petclinic.com/

http://kikiah.com/

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

ケヅメリクガメの膀胱結石【大阪府堺市の動物病院】

ケヅメリクガメの膀胱結石【大阪府堺市の動物病院】


今回の症例はケヅメリクガメの膀胱結石。


この症例は排便をせず、食欲が落ちてきて動きも悪いとのことで来院。

検査の結果、膀胱に結石があることが分かりました。

結石はどこにあるかによって症状が違いますが、この症例は膀胱に結石が認められました。



膀胱結石を引き起こす主な3つの原因は以下になります。

① 脱水

② 高蛋白食

③ 尿路感染

また、脱水の原因のうち、一番よくある原因が「慢性的な環境中の水分の不足」です。

慢性的な環境中の水分の不足として考えられるのが環境の不備です。

すなわち、自由に水を飲める環境の不備、極度に乾燥した環境による湿度不足、水分含有量の少ない食餌を与え続けること、などです。


首留置.JPG
写真は頚静脈から麻酔薬を投与するルートを確保したところ


ケヅメリクガメ結石摘出後.JPG
写真は甲羅を開いて膀胱結石を摘出したところ。胸筋を剥離していないことに注意してください。


ケヅメリクガメオペ後.JPG
写真は開いた甲羅を整復して手術を完了したところ





リクガメ(特にケヅメリクガメやホシガメ、ギリシャリクガメ、ロシアリクガメ、ヘルマンリクガメなど)は尿路結石をおこしやすいので注意しましょう。

検査の結果、骨盤よりも大きな結石が発見された場合は早めに外科手術により摘出するべきでしょう。





キキ動物病院

http://kikiah.com

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

カメ(クサガメ、ミシシッピーアカミミガメなど)の卵管脱(お尻から内臓が出ている)【大阪府堺市の動物病院】

カメ(クサガメ、ミシシッピーアカミミガメなど)の卵管脱(お尻から内臓が出ている)【大阪府堺市の動物病院】



カメは総排泄腔(お尻)から卵管を脱出させることがあります。

はっきりとした原因はわかっていませんが、産卵の前後や発情中にみられることが多いです。

脱腸と誤解されることも多く、飼育者が卵管脱か脱腸かを判断するのは難しいと思われます。


卵管脱.JPG
写真は卵管脱を引き起こしている総排泄孔。

脱出部を後肢で引っ掻いて自傷している。脱出部に浮腫・壊死が見られることも多い。



卵管脱の治療で注意する点としては、脱出部を総排泄孔に押し戻して巾着縫合しただけでは卵管は元の位置に整復されず、より状態を悪化させるだけになることも多いことです。



卵管脱は状態によっては数日で亡くなってしまうこともある緊急状態です。

排泄口から何らかの臓器が見えている場合は、その臓器を乾燥させないように濡れたガーゼなどで覆い、できるだけ早く動物病院で治療を受けましょう。



キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

カメ(ケヅメリクガメ・ホシガメ・ギリシャリクガメ・ロシアリクガメなど)の脱水と尿路結石【大阪府堺市の動物病院】

カメ(ケヅメリクガメ・ホシガメ・ギリシャリクガメ・ロシアリクガメなど)の脱水と尿路結石【大阪府堺市の動物病院】

カメは尿路結石を体内に形成してしまうことがありますが、その原因としては考えられるのは大きくは以下の3つです。
① 脱水
② 高蛋白食
③ 尿路感染(総排泄腔感染)

動物病院で尿路結石を診断されるリクガメのうち、多い原因が水分の不足です。
リクガメは湿度がそれほど必要ないと勘違いされて水入れを常備していないなどの飼育環境の不備も多いです。
ある種のリクガメは湿度が低くなると鼻水が慢性的に流れだし、結果として脱水がさらに進むことがあります。

結石.JPG
この症例は食欲不振で水分摂取量が減少しており、体内で結石が形成された。
写真は形成された結石が排泄された様子。
実際には結石が一度体内に形成されると手術で摘出しなくてはならない場合も多いです。

食欲が落ちると水分摂取量が減少し、慢性的に水分が不足すると結石が体内にできてしまうことも多いので、状態がよくないカメは早めに動物病院で診察してもらう方がいいでしょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555


 1  2  3  4  5 



堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。