犬 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME >

がんの代替医療【大阪府堺市の動物病院】

がんの代替医療【大阪府堺市の動物病院】

こんにちは。
キキ動物病院です。

キキ動物病院では、常に医療技術を進化させるべく、いろんな情報を取り寄せています。
今日もクォンタムタッチという代替医療となり得る可能性のある技術を習得するべく、
始発で東京にやってきました。

東京では4年ぶりに雪が積もったようで、電車が遅れて遅刻してしまいました。
これが学生時代だったら。。。いやいや、サボりませんよ笑

東京積雪1.JPG
東京積雪2.JPG
東京積雪3.JPG

なんか東京じゃないみたいな景色ですね。
スキー場に来たみたい。


話がそれちゃった。
それでは本題。

がんの治療法は三大標準治療(手術、放射線、抗がん剤)がまず考えられますが、様々な理由で選べない場合があります。
・治療に耐える体力がない
・三大標準治療をしても副作用だけが強く、効果がない可能性が高い
・費用が高い
などの場合は標準治療が取れないことがあります。
こういった場合でも、なにかしてやれることがないかと、少しでも前向きに治療したいという思いに応えるべく
(もちろん、できれば完治を目指して)
いろんな代替療法を吟味し、マスターしては自院の治療に取り入れ、また改善してきました。

クラニオセイクラルセラピーや中医学(鍼灸や推拿など)やキネシオロジー、エネルギー施術など様々な整体医学、サイマティック療法や電子付加療法、量子医学など
実はキキ動物病院で提供できる治療法は他にも色んな選択肢があります。
代替医療はほんとピンきりです。
なにが一番いいのかは、ぶっちゃけ飼い主さんからはわからないと思います。
つまり、獣医師の良心に委ねられると思います(医者も同じだと思います)。
だからこそ!
今日もなにがこの子とって一番いい医療なのか。
なにが飼い主さんにとって一番いい選択肢なのか。
これを心で感じながら終わりの見えない道を歩いていきます。


キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

年末年始が明けて(さまざまな医療の幕開け)【大阪府堺市の動物病院】

年末年始が明けて(さまざまな医療の幕開け)【大阪府堺市の動物病院】

キキ動物病院では犬、猫はもちろんのこと、
エキゾチックアニマル(うさぎ、セキセイインコ、カメ、フェレット、ハリネズミ、その他多くの動物)
を専門的に診察しています。

開業してから、みなさまのおかげで多くの飼い主さんに支えて頂きながらペットを診察していく中で、
いろんな種類の動物の生命の本質を解き明かしてきました。
これからも多くの種類の動物を診ているからこそ分かる病気の本質を飼い主さんにお伝えしていきます。

逆に人の医療(特に代替医療)から動物の医療への応用を取り入れながら常に進化させています。
(たとえば、クラニオセイクラルセラピーや推拿やキネシオロジー、エネルギー施術など様々な整体医学、サイマティック療法や量子医学など)
さらにはペットロスなどに対する心理カウンセリング(悲嘆療法など)にも対応しています。
以上のような総合力によって他の動物病院では提供できない価値を提供することを常に考えています。

今年はさまざまな医療の幕開けとして、私たち自身が非常に期待しています。
ずっと感じていた医療の限界、それをパラダイムシフトを起こすことによって
広げていけたらと思っています。

どうか、すべての命が、これからの命が大いに活かされる世になりますように。


六甲山朝日.JPG

写真は六甲山からの朝日です

年末年始の動物病院

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

「年末年始の救急対応」トイプードルの異物誤飲誤食(異物を飲み込んだ・異物を食べてしまった・吐く・えずく)【大阪府堺市の動物病院】

「年末年始の救急対応」トイプードルの異物誤飲誤食(異物を飲み込んだ・異物を食べてしまった・吐く・えずく・吐き気)【大阪府堺市の動物病院】

あけましておめでとうございます。
今年もみなさまと動物たち、すべての命がおだやかに健康にすごせますように。

キキ動物病院では年末~元旦にかけて急患対応していました。

その中で、毎年お正月に多いのは、異物を飲み込んでしまうという事故。
多くの場合、飼い主さんが認識しています。
ただ、症状はまちまちです。
すごくしんどそうに吐いている子もいれば、
ケロッとしている子もいます。

今日はトイプードルがなにか飲み込んだかも、ということで来院。
レントゲン検査で確かに映る異物。
飼い主さんはこの子がなにを飲み込んだか、わからない様子。

検査ではわりと大きな異物に見えたのですが、
実際手術してみると、少し焦りました。

というのは、思ったよりも異物が小さくて、
なかなか見当たらなかったのです。

胃内から摘出されるのは、プラスチックの破片ばかり。
術前の検査で引っかかってきているものとは違う。。。
(プラスチックはレントゲンではっきりとは映らないので、
違うと分かります)

術前の検査では確かに胃内にあるので、何度も胃内を確認しました。
すると。。。
ありました!

胃の奥のほうに、思ったよりも小さな金属片がありました。
こんなこともあるのだなと勉強になった症例でした。


異物.JPG

こんなの、飲み込んじゃうんだな~
美味しそうだったのだろうか。


年末年始の異物誤飲の緊急手術

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

PDA 動脈管開存症【大阪府堺市の動物病院】

PDA 動脈管開存症【大阪府堺市の動物病院】

PDA(動脈管開存症)では先天的に(生まれつき)心臓が通常の形とは違うので、いろんな症状が出てきます。
特に知っておいた方がいいことは、手術で完治するということ。
そして、その手術は早くすればするほど成功率が高いということ。
さらに、手術をしないままだと多くの場合、
(今たとえ元気だとしても)寿命が短くなり、
本人もすごくつらい状況になるということ。

PDAだと診断がついたのであれば、早めに手術ができる先生を探して
お願いしてあげてください。
可愛い子が本当に心配です。


PDA(動脈管開存症)

キキ動物病院
http://www.kiki-petclinic.com/
http://kikiah.com/
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギのエンセファリトゾーン症・犬猫パルボウイルス感染症に共通すること【大阪府堺市の動物病院】

ウサギのエンセファリトゾーン症・犬猫パルボウイルス感染症に共通すること【大阪府堺市の動物病院】



エンセファリトゾーン症を発症するウサギはなんらかの基礎疾患もしくは免疫力低下の状態に陥っていることが多い気がする。
誰か統計とってー。
パルボウイルス感染しただけでは発症しないことが多く、発症する個体はなんらかの腸内感染を起こしていることが多いのと似てる。
パルボウイルス感染症の治療のポイントの一つはパルボを診断してパルボの治療で終始するのではなく、その背景にある感染症を見逃さない、そして同時に治療すること。
重度のウサギのエンセファリトゾーン症の治療も同じような観点で背景にある基礎疾患を見つけて同時に治療しないと死亡率はかなり高いのではないかと推測している。



キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555


 1  2  3 



堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ 堺市 キキ動物病院 求人 メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。