犬(ミニチュア・ダックス)の血管肉腫(ぐったりしている、お腹がはっている)【大阪府堺市の動物病院】 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > > 犬(ミニチュア・ダックス)の血管肉腫(ぐったりしている、お腹がはっている)【大阪府堺市の動物病院】

犬(ミニチュア・ダックス)の血管肉腫(ぐったりしている、お腹がはっている)【大阪府堺市の動物病院】

犬(ミニチュア・ダックス)の血管肉腫(ぐったりしている、お腹がはっている)【大阪府堺市の動物病院】

この症例はかかりつけの動物病院が休みだけど、ぐったりしているから見て欲しいとのことで来院。
10歳のミニチュア・ダックス。
まずはお腹が異様にはっていることに気づく。
これは。。。肥満?!なことはないか。
ということで確認してみると、そう言われてみれば最近お腹がはってきたとのこと。

血管肉腫で腹部膨満Mダックス (2).JPG
血管肉腫で腹部膨満Mダックス.JPG
写真は腹腔内腫瘤によって膨満した腹部

検査の結果、腹部に大きな腫瘤が存在していることがわかった。
大きすぎてその腫瘤がなにかまではわからなかったが、脾臓や肝臓の由来が疑われた。
同時に貧血も進行しており腹部に液体も存在していることから進行中の腹腔内出血が疑われた。
脾臓の腫瘍だとすると、獣医がまず考えることとしては血管肉腫の破裂。
だとすると現在持続的に出血しているのであれば緊急手術しなくてはならない。
だが、貧血が中程度であり、できれば輸血をしたいがそんな時間は残されていないようだ。

すぐに手術するべきか、輸血して状態を安定化してから手術するべきか一瞬迷ったが、飼い主さんと相談した結果、夜9時であったが緊急手術することになった。

開腹してみると、やはりぱっと見で由来がわからないかなり大きな腫瘤が目に入る。
腹腔内から大量の血液。
かなり癒着も激しいので、胆嚢破裂の可能性も考えながら少しづつ全体を表に出すと、どうやら脾臓のようである。
持続的にじわじわと出血しているのがわかった。しかも体網や腸間膜など、わりと大きな血管も巻き込みながら癒着している。
出血が続いているので迷っている時間はない。
大きな血管を確実に剥離、結紮しながら最終的に体網ごと脾臓を全摘出した。


血管肉腫.JPG
写真は摘出した脾臓

術後、さらに貧血がすすみ、危ないかと思われたがなんとか回復し、元気に退院していった。
数日後、病理検査結果がかえってきて、その結果は血管肉腫。

あれだけ大きくなっていたのだから、数ヶ月前から徐々に大きくなっていたことが予想される。
定期的な健康診断の重要さを感じた症例でした。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555


堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。