小鳥が卵詰まり(卵塞)をおこす理由とは?【大阪府堺市の動物病院】 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > 鳥ブログ,セキセイインコ,オカメインコ > 小鳥が卵詰まり(卵塞)をおこす理由とは?【大阪府堺市の動物病院】

小鳥が卵詰まり(卵塞)をおこす理由とは?【大阪府堺市の動物病院】

小鳥が卵詰まり(卵塞)をおこす理由とは?【大阪府堺市の動物病院】

かわいい小鳥。卵詰まり。大阪堺のキキ動物病院

こんにちは。
大阪府堺市のキキ動物病院です。
今回は小鳥が卵を詰まらせてしまう理由についてです。

卵詰まりは卵秘、卵停滞、難産とも言います。

卵づまりは卵がお腹から一定時間以上産出されない状態のことを言います。
ほとんどの小鳥は、排卵後24時間以内に産卵が行われます。
つまり、小鳥のお腹に卵が触れるようになってから24時間以上経過すれば、
その時点で卵が詰まっている可能性が高いということです。

症状としては
・床でうずくまる
・沈うつ
・膨羽(ぼうう)
・食欲不振
・呼吸促拍(こきゅうそくはく。息が荒い)
・イキミによる声もれ
・ショック状態
などがみられます。

小鳥の卵詰まりのときに、特に注意が必要なこととして、
卵がつまっていても、元気なことも多いことです。
卵詰まりの小鳥さんは、無症状であっても
対処をしなければ突然ショック状態となり、
亡くなってしまうことがあります。

小鳥さんの卵詰まりは無症状のうちに
いつのまにか体の中が大変な状態となって
取り返しのつかない状態となっていることも多いです。

たとえば、過剰産卵している小鳥さんが
形のいびつな異常卵を産卵後にお腹が膨れ始めた場合は、
卵管蓄卵材症(らんかんちくらんざいしょう)
となっている可能性があります。


小鳥さんの卵詰まりを疑えば、
できるだけ早く小鳥の病気について詳しい
動物病院に連れて行ってあげてください。


卵詰まりがよくおきる小鳥、セキセイインコ。大阪堺のキキ動物病院

いろいろな原因で小鳥の卵詰まりは発生しますが、
家で飼われている鳥さんの卵詰まりの原因で
よくみられるのは以下の4つです。

①低Ca血症(Ca=カルシウム)による子宮収縮不全
②卵形成異常
③環境ストレスによる産卵機構の急停止
④何らかの原因による卵管口の閉鎖

小鳥は卵の殻をつくるときに、大量のカルシウムを消費します。
このときに小鳥さんにカルシウムが足りないと、
卵の殻が正常につくられず、殻の表面がざらざらになったり
表面がふにゃふにゃになったりします。
こういった卵の殻は産卵時に問題を引き起こし、
難産となってしまいます。

また、小鳥さんが卵を体外にだす(産出)するためにも
カルシウムは必要なので、
カルシウムが足りないと、やはり産卵することが
できずに難産となってしまいます。


さらに、小鳥さんが発情中で卵を体内でつくっているときに
ストレスがかかりすぎると、正常な産卵するための体の機能が
ストップしてしまい、やはり卵が詰まってしまいます。

卵管口というのは卵がお尻からでるときの出口のことですが、
ホルモン失調で卵管口が開かずに難産になってしまう場合もあります。


卵詰まりがよくおきる雌の小鳥、セキセイインコ。大阪堺のキキ動物病院

それでは
どういう小鳥が卵詰まりをおこしやすいのでしょうか。

通常、小鳥さんが初産の場合と過産卵(卵産みすぎ)の場合に卵詰まりをおこしやすいです。
小鳥さんの環境でいうと、食餌にビタミンやカルシウム剤が添加されておらず、日光浴が十分でない状況で卵詰まりがおこりやすくなります。
日光浴が不足しやすい冬にも小鳥さんの卵詰まりが起こりやすくなります。

そもそも、小鳥は多産の傾向があります。
飼育されるセキセイインコなどの小鳥は、
もともと砂漠などの厳しい環境下で生息しており、
環境ストレスが和らぐと産卵します。
このため、飼育下では過産卵になりがちです。
セキセイインコのほか、文鳥、ラブバード、オカメインコなど
一般的に飼われている小鳥は過剰産卵となりやすいです。


以上の解説の中で、
卵詰まりの予防に特に重要なこととして、
カルシウム剤添加があります。

カルシウム剤をご飯に添加していれば
小鳥さんの卵詰まりを100%防げるわけではありませんが、
逆にご飯にカルシウム剤を添加していない場合は
かなり高い確率で卵詰まりなどの産卵にかかわる病気になります。

ちょっとしたことですが、
結果がかなりかわることがあるので、
意識してみてください。

キキ動物病院
072‐276‐3555
大阪府堺市中区深井北町117‐3

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
にほんブログ村


堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ 堺市 キキ動物病院 求人 メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。