ウサギ,チンチラ,モルモット - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > ウサギ,チンチラ,モルモット

ウサギの血尿とプラセンタ療法【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの血尿とプラセンタ療法【大阪府堺市の動物病院】

こんにちは。
キキ動物病院です。

今回はウサギの血尿に対する対処法についてです。
うさぎに血尿が見られた場合には、なるべく早く対処することが肝心です。

うさぎの病的な血尿はわかりやすい場合から見落としやすい場合まで、
外見は様々な程度があります。
尿に薄く赤色がつく程度から多量の鮮血まで血尿の程度はさまざまということです。

いくつかの写真を掲載しているので、参考にしてください。

子宮疾患による血尿 (3)-thumb-400x300-301.jpg
腹圧がかかる際に出血を起こしやすい

子宮疾患による血尿-thumb-400x300-297.jpg
一度に大量に出血すると出血性ショックを引き起こす

子宮疾患による血尿 (2)-thumb-400x300-299.jpg
尿に血液が混じる程度の出血では気づかない場合がある

うさぎの血尿はゆっくりと進行することがあります。
その結果、元気に見えるけれども
検査してみると貧血がすごく進行していて
ギリギリの状態ということもあり、
外見からは状態が悪いかどうかがわかりません。

実際に元気で食欲があったとしても
血尿の原因が子宮にある場合は重度の貧血が
あることが多いです。

また、検査してみて貧血ではないことがわかったとしても
治療を開始しない限り安心できません。

たとえ貧血や血尿がなくても、1週間後に検査してみると
急に多量に出血して貧血が一気に進み状態が悪くなることがあります。

(その場合は出血をとめるための手術もできなくなる場合があります。
貧血が進行して手術自体が危険と判断されるからです)

子宮内膜瘤・子宮腺癌の大網転移、正常な卵巣子宮-thumb-600x450-126.jpg
左側が血液でパンパンになった子宮。右側が正常な子宮。
一度に大量に出血すると、多出血性ショックを引き起こす。

血尿症例の子宮 (2)-thumb-400x300-303.jpg
うさぎの血尿症例で摘出した子宮。
こちらも子宮が血液で拡張していることがわかる。

さらに、血尿の原因が子宮疾患であった場合、
血尿の対処が遅くなると子宮疾患が進行して状態が悪化することも多いです。

(血尿の原因が子宮疾患であることも多いです)

血尿を放置した症例で、半年後に再検査したときには子宮疾患(おそらく子宮腺癌)からの
全身転移が発覚し、手術もできる状態ではなく
有効な治療法もなく2週間後に亡くなったという症例もあります。


ウサギの子宮疾患の原因ははっきりと解明できているわけではないですが、
性ホルモンが影響している可能性が高いとされています。

人の医療現場で更年期障害の治療に使われるプラセンタ療法は
大きな効果を発揮していることが知られています。

同じく、ウサギの子宮疾患でもプラセンタ療法は食欲の改善や
動きの改善などの全身状態の改善に効果が高いと感じています。

ただ、人の場合と同様、経口プラセンタサプリメントは
効果が低い、ものによっては効果がないように感じます。

(これは医療関係者だけの注意点となるのですが、
血管内投与は副作用が大きくなる点に注意が必要です。

プラセンタは数十年の長期間使用でも副作用が
ほとんど確認されないことが大きな特徴の一つですが、
扱い方を間違えると有効作用が最大限に発揮できないどころか、
逆に有害作用を発揮してしまうことがあります)


ウサギの血尿におけるプラセンタ療法の注意点として
以下のことに注意してください。

プラセンタ療法は子宮疾患での出血を止める効果は
大きくないので、血尿や貧血の程度が大きい場合は手術と
合わせた治療が重要ということです。

(プラセンタ療法単独でも貧血を治療する効果はあるのですが、
重度の子宮疾患の場合、プラセンタ療法単独では改善のスピードより
悪化のスピードの方が早くて間に合わない場合が多いです)

実際に子宮疾患の術後にプラセンタ療法を併用している場合は、
術後の3か月以内の死亡率が低下している実感があります。

ウサギの血尿を少しでも疑えば、治療ができない段階がくる前に
できるだけ早めに動物病院で診察してもらってください。

時間は戻りません。

もっと早く分かってあげていたらという
つらい想いをする飼い主さんが
少しでも減ってくれればいいなと思います。

キキ動物病院
072-276-3555
大阪府堺市中区深井北町117-3

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

アトピー性皮膚炎と食事【大阪府堺市の動物病院】

アトピー性皮膚炎と食事【大阪府堺市の動物病院】

こんにちは。
キキ動物病院です。

今日は食べ物に含まれる有害物質の除去についてです。
人間、動物を含めた生き物は外部から栄養を取らないと
生きてはいけません。
食べ物からは生命エネルギーを得る以外にも
短期的なメリット、長期的なメリット、
短期的なデメリット、長期的なデメリットの
4つの視点でみることが大事ではないかと個人的には
思います。

と、さっそく今回の本題から外れそうになってしまいましたが笑
現在、生き物が主食としている食べ物からは短期的なメリットも
長期的なメリットも得られることが多いと思いますが、
有害物質が体内に蓄積してしまう長期的なデメリットも
あります。
たとえば農薬などの薬品が食品に入っていて、
その悪影響が少しずつ体内に溜まっていくような問題です。
アトピー性皮膚炎などは、それらの蓄積性の毒性によって
病状が根治しない体質を形成している可能性があります。
(アトピーだけでなく、ガンなどの難病の多くは
蓄積性の毒性は大きな問題となっている可能性が高いです)

オーガニック食品や無農薬などの品質の良い食品を
心がけていても、実際にはそればかりでは生活費が
かかりすぎて難しいという家庭も多いのではないかと思います。
健康維持の観点から言っても、
現在の健康食品にはわかっていないことが
多すぎて(特に長期摂取のデメリットについて)
食品の数を絞れば絞るほど見えないリスクが
高くなりすぎます。

確かに、
オーガニック製品を買えば、食品経由による農薬への暴露は
減らせますが、それでも残留農薬が完全にないというわけでも
なさそうです。
ある調査では、有機栽培の穀物のサンプルのうち11%から
残留農薬が検出されています。


これから残留農薬を除去する方法について、
2つの方法を検討します。

まず1つめは
①5パーセントの酢酸につけること
です。
こうすることで、ある種の残留農薬の
大半は除去できることがわかっています。
しかし、注意点として
5%の酢酸液を薄めてしまうと効果が
激減してしまうことがわかっています。
大量の酢酸液原液を使用するのは現実的ではないので、
酢酸液を水で薄めて、さらにその液に
長時間(30分以上)つけておくと良いと思います。
ときどき混ぜるとさらに良いと思います。

もう一つは
②10パーセントの食塩水につけること
です。
この方法も①と同じくらい効果があることが
わかっています。

この2つを組み合わせて
10%の食塩水に数滴のお酢を混ぜたものに
食材を漬け込むことが一つのアイデアとして
あります。

健康増進・維持したいペット、医療費削減したいペット、
特にアトピーに困っている動物
(もちろん人でも)に効果的で
お金もかからないので、
食べ物をあたえるときの前処理として
ご家庭でお試しください。


キキ動物病院
072-276-3555
大阪府堺市中区深井北町117-3

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

プラセンタ療法とアトピー性皮膚炎【大阪堺の動物病院】

プラセンタ療法とアトピー性皮膚炎【大阪堺の動物病院】

こんにちは。
キキ動物病院です。

今回はキキ動物病院での皮膚病治療に欠かせない
プラセンタ療法についてです。

プラセンタ療法は主に日本で胎盤療法の名前で発展してきました。
胎盤自体は中国で「紫河車(しかしゃ)」という名前の漢方薬で
用いられてきました。
漢方薬としての胎盤(紫河車)は主に産後の開腹を早めるために
使われてきました。
しかし、日本におけるプラセンタ療法はもっといろんな用途で
用いられるように発展しました。

胎盤の薬理効果に対する研究も数多くなされており、
多くの有用な作用が確認されています。
1)血行促進作用
2)細胞呼吸、組織代謝賦活作用
3)抗炎症作用
4)抗アレルギー作用
5)肉芽形成作用
6)強肝作用
7)抗疲労作用
8)活性酸素除去作用
9)自律神経調整作用
10)内分泌調整作用
11)抗貧血作用
12)妊婦の乳汁分泌促進作用
13)抗突然変異作用
14)体質改善作用
15)免疫賦活作用

実際に世界の数多くの臨床医(人のお医者さん)が
いろいろな疾患に胎盤を用いており、
その有用性が確認されています。
確認されている代表的な臨床効果として
1)肝臓など臓器組織の細胞再生を促進し、機能を強化する
2)造血組織を刺激し、造血作用を促進する
3)自律神経を調整する
4)ホルモンの分泌を促進したり、正常化したりする
5)乳腺の発育促進、乳汁の分泌をよくする
6)摂取した栄養、特にタンパク質を高度に消化・吸収して体組織を増殖させる
7)乳幼児の発育を促進する
8)創傷の回復、グリコーゲンの形成を早める
9)血行を促進する
10)利尿効果
11)肝硬変の予防
12)貧血
13)更年期障害
14)生理不順、糖尿病
15)妊娠中の胎児、新生児の発育促進、虚弱体質、病中・病後の体力回復
16)皮膚や粘膜の傷の修復(出産、手術、ケガなど)
17)冷え性や痔
18)ネフローゼ、高血圧
19)胃潰瘍・十二指腸潰瘍
20)歯肉炎・歯槽膿漏
21)常習性便秘
22)ワキガ
23)強精・強壮作用
24)精力減退・インポテンツ・疲労・遺精
25)ガンの予防
26)老化を遅らせる
27)感染症に対する抵抗力増進
28)アレルギー体質の改善
29)吹き出物、湿疹、シミ、ソバカス

重度のアトピー性皮膚炎においても効果が高く、
一週間に一回のプラセンタ療法で
早ければ2週間目で効果が実感できる例が多いです。
8週くらいでステロイドを切ることができる症例もあります。
少なくともステロイドを減量して体の負担を減らせることが
ほとんどです。

ただし、市販されているプラセンタのサプリメントについては
アトピー治療に関しては単独では効果が期待できない例が多いようです。
(費用がかさむ割に治療効果が高くないことが多いようです)


プラセンタ療法はアトピー治療には大きな効果が
期待できる治療法の一つです。
皮膚病やアトピー性皮膚炎で困っていたら
プラセンタ療法も一つの方法としてご相談ください。


キキ動物病院
072-276-3555
大阪府堺市中区深井北町117-3

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ
にほんブログ村

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ
にほんブログ村

テレビ番組(ビジネスフラッシュ)でウサギ・小鳥・爬虫類の診察が紹介されました【大阪府堺市の動物病院】

テレビ番組(ビジネスフラッシュ)でウサギ・小鳥・爬虫類の診察が紹介されました【大阪府堺市の動物病院】


番組のリンク


以下、ビジネスフラッシュの番組サイトから抜粋


小鳥、ウサギ、カメ、代替医療のキキ動物病院。

犬猫だけでなく、フェレットやチンチラやハリネズミなど、いろんな動物の治療実績が多数あります。

そして西洋医療だけではなく、世の中に存在する様々な治療法に精通しており、代替医療を得意とする動物病院です。

最大の特徴は動物や飼い主様の心を癒やすような診察スタイル。動物にも心があります。その心に土足で踏みいるような治療は致しません。

決して無理強いはせず、飼い主様自身で治療法を決定できるように提案を致します。


ビジネスフラッシュ番組サイト


キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ
にほんブログ村

がんの代替医療【大阪府堺市の動物病院】

がんの代替医療【大阪府堺市の動物病院】

こんにちは。
キキ動物病院です。

キキ動物病院では、常に医療技術を進化させるべく、いろんな情報を取り寄せています。
今日もクォンタムタッチという代替医療となり得る可能性のある技術を習得するべく、
始発で東京にやってきました。

東京では4年ぶりに雪が積もったようで、電車が遅れて遅刻してしまいました。
これが学生時代だったら。。。いやいや、サボりませんよ笑

東京積雪1.JPG
東京積雪2.JPG
東京積雪3.JPG

なんか東京じゃないみたいな景色ですね。
スキー場に来たみたい。


話がそれちゃった。
それでは本題。

がんの治療法は三大標準治療(手術、放射線、抗がん剤)がまず考えられますが、様々な理由で選べない場合があります。
・治療に耐える体力がない
・三大標準治療をしても副作用だけが強く、効果がない可能性が高い
・費用が高い
などの場合は標準治療が取れないことがあります。
こういった場合でも、なにかしてやれることがないかと、少しでも前向きに治療したいという思いに応えるべく
(もちろん、できれば完治を目指して)
いろんな代替療法を吟味し、マスターしては自院の治療に取り入れ、また改善してきました。

クラニオセイクラルセラピーや中医学(鍼灸や推拿など)やキネシオロジー、エネルギー施術など様々な整体医学、サイマティック療法や電子付加療法、量子医学など
実はキキ動物病院で提供できる治療法は他にも色んな選択肢があります。
代替医療はほんとピンきりです。
なにが一番いいのかは、ぶっちゃけ飼い主さんからはわからないと思います。
つまり、獣医師の良心に委ねられると思います(医者も同じだと思います)。
だからこそ!
今日もなにがこの子とって一番いい医療なのか。
なにが飼い主さんにとって一番いい選択肢なのか。
これを心で感じながら終わりの見えない道を歩いていきます。


キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8 



堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ 堺市 キキ動物病院 求人 メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。