腫瘍・癌・しこり・できもの - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > 腫瘍・癌・しこり・できもの

がんの代替医療【大阪府堺市の動物病院】

がんの代替医療【大阪府堺市の動物病院】

こんにちは。
キキ動物病院です。

キキ動物病院では、常に医療技術を進化させるべく、いろんな情報を取り寄せています。
今日もクォンタムタッチという代替医療となり得る可能性のある技術を習得するべく、
始発で東京にやってきました。

東京では4年ぶりに雪が積もったようで、電車が遅れて遅刻してしまいました。
これが学生時代だったら。。。いやいや、サボりませんよ笑

東京積雪1.JPG
東京積雪2.JPG
東京積雪3.JPG

なんか東京じゃないみたいな景色ですね。
スキー場に来たみたい。


話がそれちゃった。
それでは本題。

がんの治療法は三大標準治療(手術、放射線、抗がん剤)がまず考えられますが、様々な理由で選べない場合があります。
・治療に耐える体力がない
・三大標準治療をしても副作用だけが強く、効果がない可能性が高い
・費用が高い
などの場合は標準治療が取れないことがあります。
こういった場合でも、なにかしてやれることがないかと、少しでも前向きに治療したいという思いに応えるべく
(もちろん、できれば完治を目指して)
いろんな代替療法を吟味し、マスターしては自院の治療に取り入れ、また改善してきました。

クラニオセイクラルセラピーや中医学(鍼灸や推拿など)やキネシオロジー、エネルギー施術など様々な整体医学、サイマティック療法や電子付加療法、量子医学など
実はキキ動物病院で提供できる治療法は他にも色んな選択肢があります。
代替医療はほんとピンきりです。
なにが一番いいのかは、ぶっちゃけ飼い主さんからはわからないと思います。
つまり、獣医師の良心に委ねられると思います(医者も同じだと思います)。
だからこそ!
今日もなにがこの子とって一番いい医療なのか。
なにが飼い主さんにとって一番いい選択肢なのか。
これを心で感じながら終わりの見えない道を歩いていきます。


キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギの消化管膿瘍(肝膿瘍・胃膿瘍)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの消化管膿瘍(肝膿瘍・胃膿瘍)【大阪府堺市の動物病院】



ウサギの消化管膿瘍はゆっくりと形成され、初期には症状を示すことは少ない。

しかし、腹腔内(お腹の中)で膿瘍が大きくなると消化管閉塞や穿孔を起こす。

原因は不明なことが多く、生前診断は難しいことも多い。

なんらかの治療で開腹手術を行った際に偶然発見されることもある。



この症例は他院に入院していても状態が悪化してきており、閉塞している恐れがあるからと飼い主さんから手術を依頼されたのだが、手術に耐えられるかわからないくらい状態が悪かった。手術中になくなってしまう可能性があること、しかし、確かに閉塞している可能性も高く、このまま手術しないで様子をみていてもなくなってしまう可能性が高いこと、などを飼い主さんと相談の上、開腹手術となった。

緊急手術となったが、残念ながら手術中に亡くなってしまったので、飼い主さんの希望があり、飼い主さんの立会いのもと死後解剖を行った。


消化管膿瘍ケース1切開.JPG
写真は正中切開して腹腔内を観察しているところ。

明らかに歪な腫瘤が露出している。腹水も溜まっている。

後にこの腫瘤は胃に付着している膿瘍だとわかった。


消化管膿瘍ケース1観察1.JPG
消化管膿瘍ケース1観察2.JPG
写真は胃に付着している腫瘤(膿瘍)と白い結節が多発している肝臓

後にこの白い結節は膿瘍だとわかった。


消化管膿瘍ケース1胃潰瘍.JPG
写真は胃の潰瘍病変。他院で入院中ステロイドによる継続治療が行われていたので、その副作用もあるかもしれない。腫瘍を疑ってステロイド投与とのこと。今回の状況ではステロイド投与も選択肢に入れても良いと思うが、通常ウサギではステロイド投与は副作用も大きく、安易にステロイド投与するべきではない。


消化管膿瘍ケース1摘出.JPG
写真は病変と思われる部位を摘出したところ。

病理検査に提出した。



病理検査結果は

・肝臓、胆嚢の膿瘍および化膿性腹膜炎

・化膿性胃炎および膿瘍形成、胃潰瘍および糜爛(びらん)

胃穿孔から化膿性病変および膿瘍形成が行われた可能性があるとのこと。





過去にステロイド投与がされていたのであれば、そのときに胃穿孔が起きた可能性がある。

特に急性胃拡張のときにはステロイドを投与していなくても胃潰瘍が発生していることも多く、急性胃拡張のときにステロイドを投与すれば胃穿孔を起こす可能性が高い。

胃穿孔も大きな穴であれば症状は出るが、小さな穴であればすぐにふさがるので症状はすぐにはでない可能性がある。

やはりウサギにステロイドを投与するときは、慎重にメリットとデメリットを考えなければならない。



今回は特殊なケースでしたが、ウサギの食欲不振にはまれに閉塞によることがあります。

閉塞が疑わしければ主治医に開腹手術も相談してみてもいいかもしれません。





キキ動物病院

https://www.kiki-petclinic.com/

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

犬(フレンチブルドック)のチェリーアイ(目が飛び出てる、目が腫れてる、目にできものができてる)【大阪府堺市の動物病院】

犬(フレンチブルドック)のチェリーアイ(目が飛び出てる、目が腫れてる、目にできものができてる)【大阪府堺市の動物病院】

犬やウサギはときどき瞬膜(第3眼瞼)といわれる構造物が目の内側から飛び出してしまうことがあります。
この状態を俗称チェリーアイと言います。
この飛び出た構造物をそのままにしていると瞬膜内部の軟骨が変形してきたり、涙の分泌量が減少してドライアイが進行したりします。その結果、目に感染をおこして目ヤニで目が常に汚れたりします。

このことから、チェリーアイを発見すれば早期に治療が必要になるのですが、基本的には外科治療となります。
チェリーアイの外科治療には大きく分けて2種類あり、
① 瞬膜腺を切除してしまう方法
② 瞬膜腺を温存し、正常な位置に整復する方法
のどちらかを選択することになります。
(瞬膜腺というのは瞬膜の内部にある涙を分泌する腺構造)

① については技術は必要とされず、手術にかかる費用は比較的安く抑えられる反面、術後にかなり高い確率でドライアイが進行します(手術によってドライアイになりやすくなる)。
② については①よりも技術は必要とされるものの、ドライアイの術後合併症は生じにくいとされます。ただし、手術にかかる費用は①よりは高くなります。

チェリーアイ術前.JPG
写真はチェリーアイのフレンチブルドック。右目の瞬膜腺が内眼角から脱出している様子がわかる。

チェリーアイ術後.JPG
写真はチェリーアイの手術後。瞬膜腺を温存し、整復した(ポケット法)。

チェリーアイは発見すれば早めに動物病院で相談しましょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

フェレットの脱毛(副腎疾患)【大阪府堺市の動物病院】

フェレットの脱毛(副腎疾患)【大阪府堺市の動物病院】

フェレットは脱毛することがよくあります。
皮膚疾患や季節性脱毛などでもフェレットは脱毛しますが、フェレットが脱毛しているときは副腎疾患の一症状として現れていることが多いです。
実際フェレットの副腎疾患では80%以上に脱毛が発生します。

脊索腫と副腎疾患.JPG
写真は副腎疾患で脱毛しているフェレット。尾の先端には脊索腫が発生している。


脱毛は尾や腰部から脱毛が始まることが多く、進行すると頭部と四肢を除いて被毛がすべて抜け落ちます。
尾のみに脱毛がみられることもあり、この場合はネズミの尾のような外観になります(ラットテイルと呼ばれています)。

フェレットの脱毛が気になったら副腎疾患を疑って早めに動物病院で相談しましょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

トカゲ(イグアナ)の皮下膿瘍(皮膚が膨らんでいる、しこりがある)【大阪府堺市の動物病院】

トカゲ(イグアナ)の皮下膿瘍(皮膚が膨らんでいる、しこりがある)【大阪府堺市の動物病院】

トカゲなどの爬虫類は皮下に膿瘍をつくることがあります。
原因はいろいろありますが、低温環境下で免疫力が低下して発生する場合が比較的多いように感じます。
膿瘍ができている皮膚をよく見ると小さな傷があることもあります。

膿瘍は進行すると外科的に摘出するしか完治する方法はありません。

膿瘍.JPG
写真はイグアナにできた皮下膿瘍
イグアナは口角に感染症を引き起こすことが多いのですが、この症例では口角にも膿瘍が形成されていました。

膿瘍術後.JPG
写真は膿瘍摘出後、縫合した皮膚

摘出した膿瘍.JPG
写真は麻酔管理下のイグアナと摘出した膿瘍
この症例は術前には食欲が低下していたのですが、術後には食欲が戻り順調に回復しました。

爬虫類は膿瘍などの感染症から敗血症を引き起こし突然死することがあります。
膿瘍を発見したら早めに動物病院に相談しましょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555


 1  2  3 



堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。