うさぎの歯科疾患(食べない)とプラセンタ療法【大阪府堺市の動物病院】 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > うさぎブログ,チンチラ,モルモット > うさぎの歯科疾患(食べない)とプラセンタ療法【大阪府堺市の動物病院】

うさぎの歯科疾患(食べない)とプラセンタ療法【大阪府堺市の動物病院】

うさぎの歯科疾患(食べない)とプラセンタ療法【大阪府堺市の動物病院】

うさぎ,歯科疾患,食べない,プラセンタ,キキ動物病院

こんにちは。
大阪府堺市のキキ動物病院です。

今回はうさぎさんの歯が伸びすぎているときに気を付けることや
プラセンタ療法についてです。

うさぎさんの歯は犬や猫とまったく異なっていて、
常生歯(じょうせいし)、もしくは無根歯(むこんし)と言います。
うさぎさんの歯は一生伸び続けるという性質を持っているからです。

正常ではうさぎさんの上顎歯(じょうがくし。上の歯)と
下顎歯(かがくし。下の歯)が
うまく擦り合わさる(咬合。こうごう)することによって
適度な長さと適度な形に自然と調整されています。

上の歯と下の歯が噛み合わさらない状態のことを不正咬合といいます。
以下、不正咬合の写真です。

うさぎが食べない。歯伸びている。キキ動物病院

うさぎの歯が伸びている。食べない。キキ動物病院

うさぎの歯が伸びている。食べない。キキ動物病院

うさぎが食べない。歯が伸びている。キキ動物病院

うさぎが食べない。歯が伸びている。キキ動物病院にて

うさぎが食べない。不正咬合。歯が伸びている。キキ動物病院

うさぎが食べない。不正咬合。歯が伸びている。大阪府堺市キキ動物病院

うさぎさんがいったん不正咬合になってしまうと、
歯が過剰に長く伸びてしまったり、
歯の先端がとがってしまうことがよくあります。
この結果、いろんな症状をうさぎさんに引き起こすことになります。

うさぎさんの不正咬合を疑う症状を並べておきます。
・食べるのが難しい(草をくわえても食べれずにポロポロおとす)
・元気消失

うさぎさんのよだれ。うさぎが食べない。不正咬合。歯が伸びている。キキ動物病院

うさぎさんのよだれ。うさぎさんが食べない。不正咬合。歯が伸びている。キキ動物病院

・流涎(りゅうぜん。よだれが垂れている)
・口周りの皮膚炎(口回りが赤い)
・口の周りの汚れ
・歯ぎしり
・歯の外見の変化(前歯が伸びすぎている)
・口をもぐもぐする
・目ヤニや涙など
・顔面や下顎周囲の腫脹(顔や顎あたりが腫れている)

うさぎ膿瘍。食べない。あごが腫れている。キキ動物病院

上の写真は下顎膿瘍(かがくのうよう)でアゴが腫れているときに、
膿瘍を切開している様子です。


こういった症状がウサギさんにみられたら、
動物病院に連れて行ってあげてください。

ここで注意が必要なことは
こういった症状がなくても不正咬合がないとは
限らないということです。
つまり、不正咬合があっても症状が全くない場合も多いということです。

この場合、(一見)無症状で元気に過ごしていますが、
いきなりピタッと食べなくなったりという症状が
でることも多いです。
我慢していたのですね。

不正咬合は我慢しているとどんどん進行してしまいます。
具体的には症状がでていなくても
定期的に歯の処置を動物病院でしてもらわないと、
症状がでるまでの期間が短くなってきます。
そうすれば、医療費がどんどん高くなるという負のスパイラルに
陥ってしまうことがあります。
我慢していると顎の骨が変形していくからですね。
変形した骨は元にはもどりません。

不正咬合を疑った場合は、たとえ元気で食欲があったとしても
早めに動物病院に連れて行ってもらった方が、
長い目で見れば、結局医療費が安くなりますし、
うさぎさんの健康もより良く維持できます。


不正咬合を含めて、うさぎさんの歯の病気には
プラセンタ療法を併用すると相乗効果をあげられる可能性が高いです。

スイスの研究所が開発したヒト・プラセンタ製剤を使った
歯科の臨床論文があるが、そこでは歯肉炎と
歯槽膿漏(しそうのうろう)に大きな効果が
あったと報告されている。

同様に、いろんな動物の口内炎で効果が高いことを確認しています。
うさぎさんにも歯科疾患でのプラセンタ併用療法は効果が高いです。

うさぎさんの歯科疾患は口内の問題だけでなく、
胃腸の問題も併発することが多く、
その問題への対処もプラセンタがカバーしています。

もちろん、生体は複雑で、100%効果があるという魔法のような治療法は多くないですし、プラセンタですべてが対処できるとは
限りませんが、試してみる価値は十分にあります。

ただし、プラセンタ療法は併用する薬剤や投与経路、
投与量などによって有害作用がでることもあり、
うさぎさんへのプラセンタ療法をよくわかっている先生に
お願いするといいと思います。


キキ動物病院
072‐276‐3555
大阪府堺市中区深井北町117‐3

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
にほんブログ村


堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
電話: 072-276-3555

※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
 電話番号:072-276-3555
【診療時間】
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
水:10:30~13:30、17:00~21:00
休診日:木曜日

PageTop


電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ 堺市 キキ動物病院 求人 メルマガ

メニュー

医院情報

大阪府堺市 キキ動物病院
院長 藤原

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】

電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

カテゴリ

新着記事




大阪府堺市 キキ動物病院

住所 〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町117-3

【電話受付】
電話:072-276-3555

診療時間
月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。