うさぎのてんかん発作とエンセファリトゾーン症【大阪府堺市の動物病院】 - 大阪府堺市キキ動物病院

HOME > うさぎブログ,チンチラ,モルモット > うさぎのてんかん発作とエンセファリトゾーン症【大阪府堺市の動物病院】

うさぎのてんかん発作とエンセファリトゾーン症【大阪府堺市の動物病院】

うさぎのてんかん発作とエンセファリトゾーン症【大阪府堺市の動物病院】

かわいいうさぎ。てんかん発作。関西動物病院。大阪堺キキ動物病院

こんにちは。
大阪府堺市のキキ動物病院です。

今回はうさぎさんのてんかん発作と
エンセファリトゾーンの関連についてです。


うさぎさんの癲癇(てんかん)発作はまれですがおこります。
急に震えだしたり、しばらく意識がなくなったりします。
そして、しばらくすれば(通常5分以内)
てんかん発作が起こる前の状態に戻ります。

ただ、うさぎさんのてんかん発作は原因の解明が難しく、
可能性のある原因に対して治療してみるという
診断的治療や対処療法が一般的におこなわれます。

可能性のある原因としてどのようなものがあるのでしょうか。

  • ・ウイルス感染
    ・寄生虫感染(特にエンセファリトゾーン感染)
    ・中枢神経系の問題(脳神経や脳血管など)
    ・臓器異常(特に腎不全)
    ・全身性の問題(特に急性胃拡張の鋭い痛み、重度の肝リピドーシスでの肝性脳症、先天性心疾患)
    ・薬剤(特に高容量の抗生剤)
    ・中毒(特に殺虫剤)
  • 上記にあげた原因(鑑別診断といいます)は
    どれも現状の医学では診断が難しく、
    まれな問題なので世界中でデータが
    あまりない状況です。
    (どのような場合に疑わしくて
    どのように治療すればうまくいくという
    ようなデータがほとんどないのが現状です)


    この中で、うさぎさんが生きている限りは
    考えなくてはいけないのはエンセファリトゾーン感染です。


    うさぎ斜頸。エンセファリトゾーン。関西大阪堺キキ動物病院

    うさぎさんのエンセファリトゾーン症の病原体である
    Encephalitozoon cuniculi はいろんな動物に感染します。
    マウス、ラット、ハムスター、モルモット、犬、キツネ、猫、猿、牛、羊、豚、そしてヒトなど、いろんな哺乳動物に感染します。
    エンセファリトゾーンが感染した場合、多くは症状がでませんが、
    体力や免疫力が落ちている場合にはまれに症状がでることがあります。

    いろんな病原体にいえるのですが、特に病原性を発揮しやすい動物種があります。
    エンセファリトゾーンにとってはうさぎさんが病原性を発揮しやすい動物種となります。

    エンセファリトゾーンはうさぎさんに感染した場合、
    症状がでないことも多く、それでいて突然発作や
    突然死をおこすことがあります。
    つまり、一見元気でなんの問題もなさそうなうさぎさんであっても
    エンセファリトゾーンに感染している可能性があるのです。

    エンセファリトゾーンは脳神経のどこに潜んでいるかわかりません。
    そして、エンセファリトゾーンがこれからどの脳神経を
    破壊するのかもわかりません。
    結果として、その破壊された脳神経に応じた症状がでることになります。

    そして、
    うさぎさんのエンセファリトゾーン症は
    生前に100%うさぎさんに感染していることを断定することが
    非常に難しいのです。
    死後に病理解剖したうえで、うさぎさんの体内に
    エンセファリトゾーンが発見されれば確定となりますが、
    生前では抗体価などの間接的な証拠を集めることしかできないのです。
    (ただし、いろんなデータから、
    エンセファリトゾーンを強く疑うことはできます)


    なので、
    うさぎさんのてんかん発作を見た時にも
    エンセファリトゾーンを疑診(確定ではないが、あると仮定すること)
    して治療計画を立てることは重要になります。

    うさぎのてんかん発作。なるほど!関西大阪堺のキキ動物病院

    また、
    エンセファリトゾーンの厄介なところは
    現状完全にうさぎさんの体から駆虫する薬は
    開発されておらず、駆虫薬を飲ませ続けなければならないのです。

    症状が落ち着いているからと言って
    薬を中断して突然死したといううさぎさんを
    たくさんみてきました。

    逆に薬を飲ませると症状が落ち着き、
    明らかに突然死や発作の発生率が落ちます。
    (完全に0になるといえればいいのですが、
    正直、薬だけでは難しいのが現状です)


    うさぎさんのてんかん(様)発作はまれですが、
    背後に潜むエンセファリトゾーンのことも考えれば
    緊急状態です。

    できるだけ早めにうさぎさんの治療に精通している動物病院に
    つれていってあげてください。


    キキ動物病院
    072‐276‐3555
    大阪府堺市中区深井北町117‐3

    にほんブログ村 うさぎブログへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
    にほんブログ村


    堺市 キキ動物病院へのお問い合わせはこちら

    お問い合わせ・ご予約はお電話にてお受けしております。


    「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。
    電話: 072-276-3555

    ※キキ動物病院へ直接お電話する場合はこちら
     電話番号:072-276-3555
    【診療時間】
    月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00
    水:10:30~13:30、17:00~21:00
    休診日:木曜日

    PageTop


    電話: 072-276-3555 院長からのあいさつ 堺市 キキ動物病院 求人 メルマガ

    メニュー

    医院情報

    大阪府堺市 キキ動物病院
    院長 藤原

    住所 〒599-8271
    大阪府堺市中区深井北町117-3

    【電話受付】

    電話:072-276-3555

    診療時間
    月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00

    カテゴリ

    新着記事




    大阪府堺市 キキ動物病院

    住所 〒599-8271
    大阪府堺市中区深井北町117-3

    【電話受付】
    電話:072-276-3555

    診療時間
    月・火・金・土・日・祝:9:30~12:30、16:00~20:00 水:10:30~13:30、17:00~21:00


    掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
    コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。